鉄道模型


by okikore
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:車両工作( 129 )

何とか完成
e0137686_1085691.jpg

車軸にらせん模様
が、見えにくいし回りにくい・・・
e0137686_1094791.jpg

以前作ったアントたちと並べてみる
e0137686_10103193.jpg

真ん中はペアーハンズからのでっち上げ20W
e0137686_1011737.jpg

人形乗せて幽霊貨車に連結
アントの華奢な連結器がイイ感じ
e0137686_10113583.jpg

動画を張りましたがうまく表示できるか不安






記事ここまで
[PR]
by okikore | 2017-08-31 10:33 | 車両工作 | Trackback | Comments(0)

ワールド工芸のアント

JAMで購入のアント、息抜きにチャッと組み立てようと思いましたが、老眼には難易度高っ・・・
e0137686_9461074.jpg

洗浄後、パーツが小さいために組み立て前に色を塗りました
e0137686_9463198.jpg

前面の警戒色はエッチングで表現してありますので、黒を塗ります
左下の銀色のパーツは少し浮いて付くので注意(ぴったりつけてやり直してます)
e0137686_9471657.jpg

組み立ては極少のパーツが多いのでつける順番を考えながら組み立てないと、触るところがない状態に(カプラーは最後につけたほうがいいようです)
e0137686_9474687.jpg

実は作り始めてすぐに主要パーツが四次元ポケットに・・・
イモンで追加購入しています
e0137686_9482892.jpg





記事ここまで
[PR]
by okikore | 2017-08-30 10:08 | 車両工作 | Trackback | Comments(0)
塗装しました、マスキングのいらない一色塗りですので気が楽
e0137686_1656163.jpg

ホワイトメタルのパーツは表面がざらついていて、ん~いまいち・・・
e0137686_16563730.jpg

軽くペーパーあててみました
e0137686_1657096.jpg

仮組をしてみるとトランスの入るスペースがきっちり過ぎ
少し余裕をつけるためメタルパーツを分解してプラバンを挟み、組み立てはエポキシを使い強度アップ
e0137686_16573126.jpg

空荷用のジョイントは穴の位置が狭い・・・ホワイトメタルを削るか?パーツを作るか?空荷はあきらめるか・・・
e0137686_1658511.jpg

メタルパーツは再塗装、ガイアのプライマーが残り少なくなりましたので、評判のいいミッチャクロンマルチを使ってみました
缶に入ったブラシ用は量が多いので、お手軽なスプレーをチョイス
e0137686_1659167.jpg

完成(インレタまだですが)画像真ん中
下は以前作ったペアーハンズのシキ195、上はマイクロ完成品のシキ810
e0137686_1702470.jpg

マイクロのシキ810は梁がBタイプ、ペアーハンズはCタイプでバリエーションが違います
e0137686_1704766.jpg

持っていませんが、マイクロからはより長いシキ600や、ペアーハンズのキットと同タイプのシキ800のC梁も製品化されていますので、機会があれば手に入れたいです





記事ここまで
[PR]
by okikore | 2017-07-09 17:41 | 車両工作 | Trackback | Comments(0)

真鍮板を重ねて作る梁は瞬間接着剤では強度が悪く、ハンダで補強しました
e0137686_15561236.jpg

60Wのこてを使いましたがなかなかきれいには流れません
e0137686_155634100.jpg

トミックスのシキ1000の台車を2両分使うのですが、入手難
とりあえず手持ちの台車を仮組してみました
回転防止のリブを削除
e0137686_15584849.jpg

1.4ミリのビスで取り付けますが、ビスのストッパーをプラ材で取り付け
e0137686_15593222.jpg

仮組をくり返すと瞬間接着剤を使用したホワイトメタルのブロックは取れやすい・・・
何度か接着し直しています(完成してもあまり分解しないほうがいいな・・・)
e0137686_16224851.jpg

塗装は黒一色ですので気が楽
e0137686_1602761.jpg







記事ここまで
[PR]
by okikore | 2017-07-03 16:34 | 車両工作 | Trackback | Comments(0)

ホワイトメタルのパーツにタッピングします
表に貫通しないようにテープでマークして穴をあけます
e0137686_1283763.jpg

付属の2ミリビスを付けてみましたが、すこし長い
e0137686_1291656.jpg

台車枠のパイピング
メタルパーツに印がついていますので0.5ミリで穴あけ(取説には1.5ミリとミスプリ)
左右で寸法が違いますので注意です
e0137686_124758.jpg

パイピング
e0137686_12171546.jpg

中央の2ミリビスは短いものに変更、両側のタップは1.4ミリ
e0137686_126477.jpg

荷受け梁に細かなパーツを付けます
e0137686_12122881.jpg

が、一つ飛ばしてランナーで、でっちあげ・・・
e0137686_12125283.jpg

洗浄中(トランスは浮いちゃいます)
e0137686_1219540.jpg

前回記事の梁のビス1.6ミリと書きましたが1.4ミリの間違えでした





記事ここまで
[PR]
by okikore | 2017-07-01 13:49 | 車両工作 | Trackback | Comments(0)

ペアーハンズのシキ800C

三丁目の夕日はこまごま作ってはいますが、絵が地味・・・
っつうことで、気分を変えておきらく車両工作
オークションでペアーハンズのシキ800Cを安価で落札
e0137686_11454328.jpg

取説
e0137686_11464421.jpg

取説その2 ざっくりしてますので、細かなところはネットで考察
e0137686_1147333.jpg

ホワイトメタルのパーツと
e0137686_114612.jpg

エッチング板
e0137686_11461619.jpg

簡単そうでしたので、さっそく組み立て
梁は6枚の板を張り重ねて表現するようですので、順番がわかるように番号付けときます
e0137686_1147311.jpg

いっぺんに貼るとずれそうでしたので、2枚ずつ瞬間接着剤で貼ってみました
e0137686_11475221.jpg

奥側の2枚に1.6ミリのタップ
e0137686_11481475.jpg

外側は1.6ミリドリルでさらいます(荷受け梁も同様にさらっておきます)
e0137686_11483635.jpg

空荷状態に使用するジョイントもタップ立て
e0137686_11524510.jpg


MOREのロータリー除雪車 キ620も安価で落札しましたが
e0137686_11511589.jpg

破損・・・かなり簡単な梱包だったため配送中に破損したようです(折れたパーツが入っていました)
e0137686_1151307.jpg

マイクロ製は持っていますが、こちらは自走するようです・・・




記事ここまで
[PR]
by okikore | 2017-06-30 12:38 | 車両工作 | Trackback | Comments(0)
シルエットカメオ3の試用

カッターの刃はカートリッジから先がすこーし出ていてカットしていますが、
カットする材料によって出る長さを変えます
カメオ3はソフトで刃を出す加減を変更出来るんですが、馴れないと設定ミス
してしまい思いっきり強くカットしてしまったりしちゃいます(私がオッチョコチョイなんですが)
一回やらかしちゃいますと、初期の設定ではうまくカットできなくなります
コメントにもございましたが、耐久性はどうなんでしょうか?
e0137686_12224642.jpg

画像のようなカッティングシートを作るなんてのは薄い素材ですので結構持つと思いますが、工作で使う場合は厚紙やプラ板で切り離しを予定していますので、糊のついた台紙に仮止めしての使用になり、消耗は早いと思います
先ずはソフトを使えるように、いろいろテストしたいと思います



記事ここまで
[PR]
by okikore | 2017-04-08 12:42 | 車両工作 | Trackback | Comments(0)

シルエットカメオ3


シルエットカメオ3
イラレのデータをカットするために、本体を購入したショップから専用のソフトを購入
左が購入したカッティングファクトリープロで、右はバンドルソフトのシルエットスタジオ
e0137686_11393897.jpg

カッティングファクトリープロは、設定でつまずき(オイオイ)何とかシルエットスタジオで出来ないか検索したら、イラレのデータをDXFで書き出せば使えそう?(メーカーは未対応になっています)
ということで、イラレからデータ書き出して、シルエットスタジオに読み込んでみました
e0137686_11395238.jpg

さっそくテスト用の厚紙にカットしてみました
e0137686_11401330.jpg

台紙から不要部分をはがしますが、うまくカットされています
e0137686_11402788.jpg

のこったパーツを台紙から取るのが大変
e0137686_11404326.jpg

台紙からはがしましたが、細かいパーツは、カットの設定ミスできれいに取れないものもあります
e0137686_11405649.jpg

合わせてみましたが、なぜかでかい・・・
検索すると、書き出しの設定で何とかなるようですので、テストしてみます
データやカットの設定にもいろいろ問題があり、前途多難(最終的にはプラ版にカットしたい)
e0137686_11411415.jpg

マニュアル読まずにいじり回した結果、設定ミスなどでカッターが消耗してしまい、購入
e0137686_11413531.jpg

左はカメオ3用純正のカッター約2000円で、右が購入の並行輸入品カメオ2用で約1000円
純正品は自動刃出し機能が付いていますが、慣れるまではカメオ2用を使ったほうがミスは少ない
e0137686_11415343.jpg

購入したシルエットカメオ3は出たばかりだったようでインプレッションも少なめ
ソフトはイラレのプラグインやカッティングファクトリープロなど試してみましたが、うまくいかず無駄な出費・・・
シルエットスタジオは起動がやたら長く、使用方法を覚えるのが面倒ですが、DXFのデータが読み込め、純正品なのですべての機能が使用できますので、こちらを使用していきたいと思います
今回簡単な線画データでしたので問題なかったですが、メーカーは使用不可とのことですので、不具合もいろいろあるんでしょうか?

最近はレーザープリンターや3Dプリンターなどハイテクなモノが比較的安価で手に入るようになりましたが、データがなければただの箱、こちらの流通も期待したいですね



記事ここまで
[PR]
by okikore | 2017-04-06 13:57 | 車両工作 | Trackback | Comments(1)

キ105 その1

弘南鉄道ED22が完成したので、お供にキ105風を、トミーのキ100から加工
車長を短縮加工
e0137686_1202418.jpg

前面窓を平加工
e0137686_121266.jpg

前にもやっているのでだいぶ慣れました
e0137686_1214455.jpg

ED22には、ライトの点灯加工はしませんでしたので、ラッセルを点灯化に台車の加工
e0137686_1221491.jpg

シャーシーはこんな感じに
e0137686_1225568.jpg

集電板を取り付け
e0137686_1233471.jpg

3ミリのLEDを直接つけちゃいました
e0137686_1235382.jpg

集電はいまいちなので、もう少しセッティングしないと




記事ここまで
[PR]
by okikore | 2017-03-26 12:28 | 車両工作 | Trackback | Comments(0)
ワールド工芸のプラキットが、なんとかほぼ完成
貸レイアウトで試走済み(牽引は貨車2~3両がいいところでしょうか)
e0137686_1885423.jpg

このシリーズはどれもカプラーで悩みますが、弘南はカトーのナックルを加工してビス止め
e0137686_1895439.jpg

1ミリのビスは長いのが無くエコー製を購入
e0137686_18102658.jpg

ステップの中間の棒はケンタカラーっつう色付きの線を使用
e0137686_18104685.jpg

塗装で太くなったり剥げたりしないのですっきり見えます
半キャブの手すりなんかも良さそうですが、強度がどうかな?
ステップは1個行方不明・・・
e0137686_1811275.jpg

東急は点灯試験、画像だと随分青いな~
手抜きで片側しか点灯加工していません
e0137686_18112593.jpg

弘南はこーんなイメージ
e0137686_18132773.jpg





記事ここまで
[PR]
by okikore | 2017-03-13 18:47 | 車両工作 | Trackback | Comments(0)